ようこそ{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント


詳細情報

■もとはインドのベンガル地方からきた顔料です。柿渋、亜麻仁油、ボイル油になどに混ぜて使います。主原料は酸化鉄です。
■木製品、柱、家具の色付けに。
■お好みの色合いになるまで柿渋に混ぜ溶かし、ハケ等で塗装します。柿渋を上塗りすると、上品なツヤに仕上がります。
■混ぜ合わせた後、長時間、空気に触れるとゼリー状に固まりますので、必要量のみ混ぜ早めにご使用ください。

【弁柄(顔料)の塗装】
木部に塗る場合は必ず下地処理(ペーパー掛け)を行います。
顔料を水・または柿渋で溶きます。
濃い色で塗る場合は3~6:1 薄い色で塗る場合は12:1程度で。お好みで加減してください

刷毛・筆で塗ります。乾燥したらウエス等で軽く拭きます(余分な粉を落とします)。
ペーパー掛けを行います。
塗る → ペーパー掛けの工程を繰り返します。
ペーパー掛けは、番手を上げていきます
(200 → 400 → 600 → 800ぐらい)
この工程を繰り返す事で、木目にしっかり付いてきます。

仕上げに柿渋(色によっては亜麻仁油など)を塗ります。

弁柄等顔料は鉱物の粉です。したがって水などに溶けるわけではありません。
塗装工程から水・油等で溶きますが、塗装乾燥後、水分だけが蒸発し粉が残ります。
その粉が木目に残る事で発色してるのですが、木の目に入りきらない粉も含め目に入った粉は、手で触るだけではげ取れてしまいます。
それらを定着させるために最後に柿渋を塗る事で定着させます。

塗装 → ペーパー掛けの工程も、良い発色・良い雰囲気を作るための大事な工程です。

また、ペンキのように「さっと塗って終わり」という訳でなく、仕上げるのに作業工程も時間もかかります。

じっくり時間をかけて、ゆっくり楽しんでいただければ幸いです。

中部サンデー販売 弁柄 べんがら 赤 100g 木製品、柱、家具の色付に メール便対応(2個まで)

商品番号 4580132420175
  • メール便
当店特別価格 ¥ 438 税込
[ 4 ポイント進呈 ]

2~5営業日以内に発送

もご利用いただけます


・不明な点はお問い合わせください

0120-895-200(平日 9:00 -17:00)